ジャンケン文化 (スピーチ)

  •  
  • 261
  • 1
  • 3
  • Japanese 
Apr 6, 2018 10:49
「最初はグー。ジャンケンポン!」

わくわくしていますね。この言葉を聞いただけで、心が温かくなりますね。これがジャンケンの力です。

私は今日本の高校の教師をしています。日本で教え始めた時、生徒が何かに付けジャンケンで決めてしまうことにとても驚きました。故郷アメリカでは暇で、他に何か楽しい物がなくても、小さい子供たちでさえ、ジャンケンをやりません。でも、日本では子供から老人まで熱心にジャンケンをやっています。

そして、ジャンケンは遊びであるだけでなく、何か決める方法もあります。私にとってこれはすごく面白いことです。例えば、祭りではジャンケンで勝者に褒美があります。小学生は残ったおやつをもらうためにジャンケンをしています。大会の優秀者を決めるためにもジャンケンを使うことを見たことがあります。何でもジャンケンは究極の決め方法だそうです。

私は日本に4年間住んでいます。日本の生活をするにつれ、ジャンケンの長所が分かるようになりました。

先ず、ジャンケンは便利で、様々な使用方法があります。2人でも、100人以上でも、ジャンケンをやれます。道具も要らないし、規則も簡単だし、結果が分かりやすいし、誰でもできます。いつでも、どこでもジャンケンができます。

次ぎに、ジャンケンの結果をめぐって、誰も文句を言いません。ジャンケンは何も言わずに一発で決めることができます。小さいことで言い争わないで、日本人は平静に生活して、無駄なく時間を過ごせます。ジャンケンの広い使用で日本人は平成に生活できて、時間を無駄にしません。

最後に、ジャンケンは公正な遊戯です。ジャンケンでは運の遊戯だから、体力や知識や地位に関係なく、皆の勝つ可能は等しいです。誰が聞いても、ジャンケンは公正だと賛成します。

高校の先生にとっては、ジャンケンは日常生活の一部分です。授業では活動とロールプレイをする時、役を決めるために生徒にジャンケンをさせています。同じように、文化祭の役をめぐって生徒二人が同じ役をしたがる場合、ジャンケンをさせます。

このジャンケンのやり方は便利そうですが、正直に言って、私は好きではありません。私がアメリカで学生だった時、先生が「ペアでAとBの会話を別々に朗読して」と言うと、5秒以内で生徒たちが役を決めます。でも、日本では、こんな小さなことでも、時間1分以上かかります。なので、大きなタイムロスになるため、ジャンケンを使うようになりました。でも、私の考えとしては、役割の分担は自分たちで決めることのほうが大切です。アメリカ人の生徒に比べると、日本人の生徒はとても消極的です。授業中の活躍は乏しく、質問も少ないです。ジャンケンは命令みたいなものです。ジャンケンは積極的になる事を妨げるものでもあると思います。

アメリカの生徒と日本の生徒の違いは何でしょうか。アメリカ人は命令が嫌いです。なので、自発的に積極的に決めようとします。一方、日本人は命令される事に慣れています。それに、日本人の先生も、授業と予定通りにやる為に、生徒に簡単なジャンケンと言う命令を行使するのです。時間通りに授業は進むでしょうが、自発性や積極性は、育たないと思います。

ジャンケンは誘惑を持っています。便利だし、簡単だし、勝ちと負けははっきり見えるし、迷った時いつもジャンケンを使う誘惑があります。そして、意見の交換がないジャンケンは究極の決め方になりました。この決め方がジャンケン文化ということです。

このジャンケン文化が続いたら、日本の消極的な生徒より消極的な大人になるのではないか、と思います。これが続いたら、日本の未来はどうですか。

私は全く、ジャンケンの文化が要らないと言ってる訳ではない。瞬時に物事を決めるときもあるかも知れません。しかし、安易なジャンケンの使い方は、自発性、積極性を消すことにもなりかねない、と思っているのです。

日本の社会はジャンケンの文化の代わりに積極的に決める文化を育てるほうがいいです。教室での小さな事から始めましょう、小さな頃だと生徒がより積極的になる練習ができると思います。先生は生徒に自発性を促し、生徒に自由に答えるように育てます。そうすると、段々決めることは嫌なことじゃなくて、楽しいことになります。この生徒は成長してから、意見を出して、自分の考え方を主張することができると思います。

ジャンケンは便利なことだけど、ジャンケンに依存しないようにするべきです。ジャンケン文化の代わりに積極的な文化を育てていきましょう!

ご清聴ありがとうございました。
Jan-Ken Culture

最初はぐ。ジャンケンポン!

Exciting, isn’t it? With only a few words, doesn’t your heart start to race? This is the power of jan-ken.

When I first started teaching in Japan, I was surprised by how common jan-ken is in everyday life. Only young children play jan-ken in America where I am from, and only when they have nothing else to play with, but in Japan even adults play with seriousness and intensity.

Even stranger to me is that jan-ken is not just a game—it serves a purpose. Japanese people use jan-ken to make random decisions. Festivals give away prizes to jan-ken winners. Elementary schoolers jan-ken for leftover desserts. I have even seen jan-ken used to determine winners of ties in tournaments. Jan-ken is the ultimate decider.

The more I stayed in Japan, the more I saw why jan-ken was used this way.

First, jan-ken is convenient and has many uses. You can play jan-ken with 2 people, or 100 or more. It doesn’t require any preparation or tools. Also, the rules are easy to understand and results are clear to see. You can play jan-ken anywhere and at anytime.

Second, in jan-ken, the results are accepted without grumbling. Jan-ken can solve small disputes quickly and wordlessly. By not wasting time bickering about small things, Japanese people can live peaceful lives and do what they need to do.

Last, jan-ken is fair. In jan-ken, the game is truly random. No one has an advantage, regardless of their physical strength, mental ability or status. Everyone has an equal chance to win. Ask any Japanese person, and they will agree that jan-ken is a fair game.

As a high school teacher, jan-ken is a big part of my everyday life. In my classes, I tell my students to jan-ken to decide roles for roleplays and group activities. If two students want the same job for the school festival, I tell them to jan-ken for it.

While this may seem an easy and natural solution to make classes run smoothly, I actually don’t like using jan-ken very much. In America, where I am from, we don’t jan-ken to decide things. When I was a student, if the teacher said, “In pairs, someone be person A and the other be person B, and read the dialogue”, it would only take about 5 seconds for the students to decide roles. However, whenever I let my Japanese students choose, it can take them 1 minute or more to decide something so trivial. These extra seconds can lead to classes not finishing on time, so after a while, I stopped letting my students choose and always made them jan-ken.

The reason I don’t like making my students jan-ken all the time is because it is more natural to me that they decide on their own. Compared to my American students, my Japanese students are incredibly passive. In addition to hesitating in simple activities, they rarely volunteer answers, or ask questions in class. Instead, they wait for orders and don’t seem to think on their own. Jan-ken is a kind of order, a way to avoid actively making a decision.

Why are American and Japanese students so different? I think one big difference is how decisions should be made. For most Americans, if a decision is done randomly, wordlessly and too easily, it does not feel like decision, but more like an order. Americans, generally, dislike orders. However, according to many Japanese teachers I’ve spoken to, my students prefer to be told exactly what to do. Freedom to choose and freedom to decide paralyze my students, and these delays in class cause such an inconvenience that I now forgo letting them choose.

This is the temptation of jan-ken: it is easy, simple and winners are clearly determined. However, because jan-ken is so easy to use, there is the temptation to use it as the ultimate decider for everything.

If this jan-ken culture continues, I worry that my passive students will become even more passive adults. What kind of future awaits Japan if everyone waited for orders?
However, I don’t think jan-ken is necessary for decisions. As a society, I think Japan needs to stop promoting jan-ken culture, and instead promote a culture where decisions are active and enthusiastic. This can start in classrooms, where teachers encourage students from a young age to make snap-decisions in group activities. Classroom mentalities can then develop to where teachers do not call on students for answers, but instead encourage them to volunteer. Everything in Japanese life stems from school life, so this change can get to the root of the problem.

Though jan-ken is convenient, we should not rely on it for all things. By fostering more active decision making, we can break this passive culture that infects the Japanese youth.

Thank you for listening.
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app