踊る小人

  •  
  • 597
  • 2
  • 1
  • Japanese 
Feb 21, 2009 05:41
日本語の授業で、村上春樹の踊る小人を読みます。宿題は踊る小人の終わりを書く。
これはどうですか?ほかの考えがありますか?
(終わりは契約に同意した後に)


土曜日が来て、僕はとてもこわいと思った。女の子が本当にモノにしたかったけど、小人は僕に入れるのはちょっと変だと思った。小人が僕の体をぬすむ事の考えが多かった。スーツを着る時、かがみと話した。「じゃ、心配しなくてもいい。今晩までにその女と寝るよ。」と言った。
急に、小人は僕のソファにあらわれた。「行こう、お前さん。」と言った。
夜踊りに着いて、ただちに女の子を見た。その時、小人は僕の体に入れた。「あっ!話すのはだめです。覚えて〜」と思った。
僕はすごくうまく踊った。皆は僕に目をつけた。僕は女の子にてまねきした。やがて女は僕の手をひっつかもうとした。歌が終わった後に、僕は笑いた。とてもうれしいだった。そして、酒を飲み始めた。
僕は酒を飲み過ぎました。中の小人はまだ大丈夫でしたよ。契約などを忘れてしまったほど酔っぱらいた。女と踊った時、「さ〜、何てきれいな顔でしょう。」と言った。
頭で、僕が小人のくすくす笑いを聞けた。急に僕はしたい動く事が出来なかった。
皆さんが踊りを続けた。皆さんは何も知っていなかった。僕は僕の目から見えただけ出来た。でも、僕の目じゃない。小人の目になりました。
その晩、小人は女と寝た。月曜日に、象工場に仕事をした。毎日、僕は小人を僕の生活をするの見なければならない。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app