イスラエルとパレスチナの論争

  •  
  • 511
  • 1
  • 4
  • Japanese 
Jan 16, 2009 14:04
イスラエルはとても論争好きな国です。宗教の人によって、イスラエルはとても大切な所です。元々、ユダヤ人はイスラエルから来ました。キリスト教には、キリストはイスラエルに生まれました。イスラム教には、ムハンマドはイスラエルから天に上がりました。
1948年の前に、イスラエルはパレスチナと言いました。パレスチナに、ユダヤ人よりイスラムのアラブ人が多かった。でも、第一次世界大戦の時、イギリスはパレスチナを制御しました。ユダヤ人は自国がほしがっていた。イギリス人はユダヤ人の自国を作るのを賛成しました。1948年に、イスラエルは独立しました。イスラエルは三つ州に分裂しました。一番大きい州はユダヤのイスラエル。ほかの州はイスラムのウエストバンクとガザーストリップです。ウエストバンクとガザーストリップの人はまだパレスチナ人と言います。イスラムのパレスチナ人は強制退去させて怒りました。
ガザーストリップのハマスと言うグループはイスラエルをパレスチナになりたがっています。ハマスはガザーストリップの政府を支配しています。
2006年に、ハマスはイスラエルの軍人を誘拐しました。その後に、イスラエルはガザーストリップを爆弾宣言しました。ハマスも爆弾を使って、戦争が続けました。2008年、イスラエルの軍隊はガザーストリップに侵入しました。侵入の前から今まで、パレスチナ人が一千人ぐらい殺しました。殺す人中、女の人と子供が多いです。イスラエルの軍人が十一人死んでいた。イスラエルの軍隊はハイテくの兵器を使っていて、有能な軍隊です。逆に、ハマスは普通の服を着ていて、手榴弾と自殺の爆弾兵を使っています。イスラエルの軍隊は見えない敵を戦闘しています。
イスラエルの軍隊はガザーストリップの町に入る時、男の人を集めって、イスラエルに連れていて、尋問します。よく苦しめます。
いつ終わりますか?誰も知らない。この論争は六十年間続けっています。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app