【DIY教學】使用日本100均材料的萬聖節裝飾品製作方法

  •  
  • 51
  • 2
  • 2
  • Traditional Chinese 
Sep 17, 2019 12:27
請您幫我修改以下的中文,麻煩您謝謝!


【DIY教學】使用日本100均材料的萬聖節裝飾品製作方法

嗨~。

這次跟各位分享使用日本100均材料製作的萬聖節裝飾品。
這裝飾做法很簡單又很有萬聖節的感覺,輕易歡度萬聖節的氣氛〜。

完成品是這樣子!


只用了南瓜盆和花插就可以讓花盆呈現萬聖節的氣氛。

這次用的南瓜擺件和小木牌是在大創(DAISO)買的。
(南瓜盆好像很久以前在natural kitchen買的。)

這次我要跟各位介紹萬聖節花插的製作方法〜。


2包200日圓(+税)
小南瓜是塑膠製,重量很輕。
跟木牌一樣的放在小袋子裡賣,四個一套。

小木牌有貓咪、蝙蝠、幽靈、萬聖節牌子的4款,每款有兩個總共有8個一套。
這木牌不是用很薄的木材,厚度大概有1.5mm品質相當結實。

如果各位要準備萬聖節裝飾,我建議選自己很喜歡,會想再用,不會看厭,設計比較簡單的商品比較好用喔。
因為,有季節感的東西每年重新買的話,東西會越來越多,要整理也捨不得丟。

到了季節在100均就會上架很多萬聖節商品。
絲帶、擺件、小電燈也有,可以去100均或雜貨店找找看自己喜好的風格唷!

100均以外,我推薦natural kitchen的雜貨!



做法

材料

・萬聖節擺件
・牙籤
・紙膠帶or接着剤
・打洞工具

*如果使用紙膠帶製作,要用比較強力的。
*植物有高度,竹籤比較合適。
*如果沒有打洞工具,可以用螺絲或釘開洞。
*開洞工程比較危險,不要讓小朋友做。

南瓜花插的製作方法

❶ 南瓜地面朝上,把南瓜蒂插在桌子和牆壁的空隙固定。

❷ 抓住南瓜,把打洞道具放在南瓜底面的中心,再來慢慢旋轉打洞工具開洞。
*首先用小力把打洞工具插在南瓜,打洞工具的尖端插進去之後慢慢用力開洞。請注意一開始用大力打洞很危險。

打洞道具不要插到底,插5mm〜1cm就OK了。


打好洞的狀態。
❸ 把牙籤的頭插到洞裡固定,完成。


完成品。
打小洞就不用把牙籤用膠水黏結,如果洞打了太大,把牙籤頭部沾一點點膠水之後再插到洞裡。

附帶說,這頁最初的照片上的南瓜是先把下鋪的南瓜蒂拔掉之後用膠水黏結的。


接下來介紹是小木牌花插的做法。

小木牌花插的製作方法

按照木牌數量準備牙籤,這次要做4個,牙籤就要4支。
再來準備小片紙膠帶。


❶ 紙膠帶切成,約2cm×0.8cm的大小。

❷ 把小木牌背面用濕巾擦乾淨。

❸ 使用紙膠帶把牙籤和小木牌固定,請注意不要有空隙。


背面狀態。
如果紙膠帶露出小木牌,請使用見到剪掉或是折掉就OK了。

如果要用膠水固定的話,把牙籤的頭放在小木牌背面,再來把膠水隨意滴上兩點固定。


如果有不清楚的地方,請看以下網頁~
日文版
https://arimablog.work/diy/succulent1/
中文版
https://arimablog.work/diy/succulent-c-1/
【初心者でも簡単】100均モチーフを使って作るハロウィン飾りの作り方【ハンドメイド】



今回は初心者でも簡単にハロウィン雰囲気を楽しめるアレンジメントの紹介をします。
この記事ではハロウィン飾りの作り方を紹介します。
(アレンジメントの記事は記事下から見ることができます。)

完成品はこんな感じです!


かぼちゃの容器とプランターピックだけで結構本格的なハロウィンの雰囲気になります。
(かぼちゃの容器は数年前に大阪で買ったような記憶…)

ピックに使用しているウッドモチーフやカボチャモチーフはダイソーで購入しました。

今回はこの2つを使用したプランターピックの作り方を紹介します。


2つで200円(+税)でした。
かぼちゃはプラスチック製の軽い素材で出来ていています。
同じ感じの袋に入って売られていて、4つ1セットです。

ウッドプレートは猫、コウモリ、お化け、ハロウィンプレートの4種類が各2枚ずつ入っています。
材質は薄いバルサではなく、厚さは約1.5mmくらいあり結構しっかりしています。

小物を選ぶポイントとして、好きなものを選ぶことと、繰り返し使いたいので、飽きのこないベーシックなデザインを選ぶといいと思います。

100均にはハロウィン仕様のテープリボンや置物など装飾品が豊富に取り揃えられているので、色々見てみるのも楽しいと思います。
ナチュラルキッチンもオススメです!



作り方

材料

・ハロウィンモチーフ
・爪楊枝
・マスキングテープor接着剤
・キリなどの穴を開ける道具

*マスキングテープを使用する場合は強力なものを使用してください。
*植物に高さがある場合は竹串がオススメです。
*キリがない場合は、千枚通しや目打ち、釘やネジを打ち込んで開ける方法があります。
*尖った道具を使用するので、お子様には作業させないでください。



❶ かぼちゃの底面を上に向け、カボチャのヘタを机と壁の隙間などに差し込み固定してください。

❷ 人差し指と親指でカボチャを押さえ、カボチャの底面の中央にキリの先端を当て、キリを回しながら穴を開けます。
*最初は軽い力で、キリの先端がカボチャに入ったら徐々に力を入れて穴を開けます。最初から強い力で開けると危険です。

キリは奥まで刺さずに、5mm〜1cmくらいまで刺し込めば大丈夫です。


穴が開いた状態です。
❸ 開けた穴に爪楊枝を頭から差し込み完成です。


完成した感じです。
穴は小さめにしたほうが接着剤を使用しなくても、しっかり固定できます。

ちなみに、最初の画像にある2段重ねのカボチャは、下段のかぼちゃのヘタを引っこ抜いて接着剤で固定しました。


次にウッドプレートを使ったプレートピックの作り方です。

プレートピックの作り方

使用するウッドパーツ分の爪楊枝と、小さく切った強力マスキングテープを準備します。


❶ マスキングテープは約2cm×0.8cmに切ります。

❷ ウッドパーツの背面をウェットティッシュなどで拭き、ホコリを落とします。

❸ マスキングテープを爪楊枝に貼り、隙間ができないようにウッドパーツに固定したら完成です。


裏面はこんな感じです。
はみ出してしまった部分はハサミで切るか、折り曲げればOKです。

接着剤を使用する場合は、ウッドパーツに爪楊枝を乗せて2点留めすれば大丈夫です。
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app