スピーチ:日本人と血液型 (最後の部分#5)

  •  
  • 242
  • 10
  • 11
  • Japanese 
May 23, 2018 00:29
日本の社会と血液型の役割についてお話しましょう。

日本の社会では、血液型についての人気がある本があるし、雑誌があるし、テレビ番組もあります。

血液型の相性の理論もあります。例えば、O型の人とB型の人の仲がいい可能性が高いですが、A型の人とB型の人はよくないです。血液型による出会い系サイトさえあります。

日本で、血液型の役割は面白いと思いますが、「ブラハラ]という社会の問題も作ってしまいました。B型はこの問題に一番影響が受けられてしまった気がします。というのは、B型の人はB型であると認めたら、「ああ、わがままですね」というの推定があるからです。これは仕事と、同僚の関係に影響がある可能性があるかもしれません。この問題意はA型に影響がないと思いますが、そういう人も感じます。例えば、A型の人は遅かったら、相手が「A型っぽいじゃないね」と言われるかもしれません。ですから、あなたの血液型はどれでも、この問題の影響を受けられるチャンスがあります。

日本の社会で、血液型の役割はいいこと、それとも悪いことだと思うにかかわらず、強い存在がある間違いない。

聞いてくださってありがとうございます。
Let's talk about Japanese society and the role of blood types.

In Japanese society, there are popular books, magazines, and TV shows that talk about blood types.

There are also theories about blood type compatibility. For example, an O-type person and a B-type person are likely to get along well, but A-type and B-type will not. There are even dating websites based on blood type compatibility.

The role of blood type in Japanese society is really fascinating, but it's also created a problem known as "blood harassment." It seems like B-type is most affected by this problem. That's because if they admit that they are B-type, it is assumed that they are selfish. It's possible that this affects their job and their relationship with their colleagues. You may think that A-type is unaffected by this problem, but they actually feel it too. For example, if an A-type person is late, a person may say "You're not very A-type, are you." Therefore, no matter what your blood type is, you may feel the effects of this problem.

Regardless whether you think the role of blood type in Japanese society is a good thing or a bad thing, it has a strong presence.

Thank you for listening.