Daiary

  •  
  • 151
  • 1
  • 1
  • English 
Apr 20, 2018 23:46
Writing is difficult.
Even in Japanese, which is my mother language, I don't feel I can write well, much less foreign languages.
I like writing, though.
Especially, I used to be found of writing about the working of my heart.
It was also for understanding myself.
If I could write about this, then that would mean I understand what I feel, what I want.
However, I realized it gave me an excess self-conscious.
Sometimes it is better to just forget what I feel. Thinking about the one same thing for a long time, it sometimes got me to became having distorted consciousness of the fact what happend. In a sence, it meant I didn't understand myself. In addition, especially in case of the Japanese, the self-conscious tends to be twisted by thinking or imaging how others feel (too much), but such a thought is often not right.
Being an adult, it seems, at least for me, that I throw my excess self-conscious (not right self-conscious ) one by one away. I might be on the way of this work (but it's already enough for me. I can be no longer so sensitive now).
I want to tell my students about this. And for this, we need to know others, to compare the cultures, to expand knowledge.
文書を書くのは難しい。
母国語である日本語ですらうまく書けると思えないのだから、ましてや外国語なんて。
とはいえ、書くことじたいは好きだ。
特に、以前は、自分の心の動きについて書くのが好きだった。それは自分のことを理解するためでもあった。心の動きについてうまく言語化することができると、自分が感じていることや何を望んでいるのかを理解することができた(と思っていた)。
でも、ある時、気付いたのは、自分の心の動きについて書くことで、過剰な自意識がもたらされることもある、ということ。
時にはなにを感じたかなんて忘れてしまう方がいい。同じ1つのことをずっと考えていると、なにが起きたかという事実の認識が歪められてしまうことがある。ある意味で、自分のことをちゃんと理解できていないともいえる。それに加えて、特に日本人の場合には、他者がなにを感じているか考えすぎたり、想像を膨らませすぎて(まぁまぁ間違っていることも多い/人ってそれほど他人に興味ないから何も感じてないことも多々あり)、自意識が歪められてしまう傾向もある。
大人になるって、少なくとも私にとっては、そういった(正常な自意識ではなくて)過剰な自意識を1つ1つ捨て去ることだったように思う。まだ、その途上にいるかもしれないけど(もう十分だな。いまはもうそこまで敏感になれない)。
最近、そんなことを学生に伝えたいなと思う。そして、そのためには、他者を知り、文化を比較し、知識を広げることが必要なんだ、と。