人魚の眠る家

  •  
  • 102
  • 12
  • 4
  • Japanese 
Jun 18, 2019 17:40
人魚の眠る家

東野圭吾が書いた同名小説による作った映画であった。
脳死と医者に判断される溺れた娘は家族を不幸に落られてしまった。
この映画に、人間の死に対して、一体どんな状況でさえすれば「死亡」と判定されるという重い課題を提出された。
脳死亡と言われても、心臓がまだ動いて、体も暖かい娘がまだ生きていると信じている母親は、毎日毎日娘の体を丁寧に世話していた。
それに、旦那さんの会社にある最先端の技術をもって娘の体が動くこともできた。
私的思った山場は母親が包丁を持ってベビーかーに眠る娘を殺そうとしたシーンだった。
壊れそうの母親は包丁の先を娘の胸に突っ張って、困惑を吐き出した:「今私がこの包丁で娘を殺すなら、殺人犯となりますか。もしそうなら喜んで服役します!」
選択はまさに難しかった。
深く考えるべき課題でもあった。
母親は娘が目を覚めた夢を見たシーンに私が涙を出した(私本当に感情が溢れるやつ)。
最後に、坂口健太郎さんかっこいい!!(//∇//)
沉睡的人鱼之家

是根据东野圭吾的同名小说制作的电影。
女儿被医生诊断为脑死亡,这让一家人陷入了不幸。
电影中,对于人类的死亡,提出了到底在什么情况下才能被判定为“死亡”这一沉重的课题。
即使被判定为脑死亡,母亲也依然坚信心脏仍能跳动,还有体温的女儿仍然活着,每天都无微不至的照料着女儿的身体。
并且通过丈夫公司最先进的技术还能让女儿的身体动起来。
个人认为电影的高潮在母亲挥刀要杀掉躺在儿童车里的女儿这一幕。
崩溃的母亲将刀尖对准女儿的心脏,诘问道:“如果我现在用这把刀把女儿杀了,我会成为杀人犯吗?如果是这样的话,我会很乐意去服刑。”
这真的很难抉择。
也非常让人深思。
母亲做梦梦见女儿醒过来这一幕我哭了(我真是感情充沛的家伙啊)
最后,坂口健太郎好帅!(✧◡✧)