昔話

  •  
  • 54
  • 3
  • 1
  • Japanese 
Dec 11, 2019 13:56
昔話
大学時代のことだった。
寮でペットを飼うことが禁止だと言っても飼う人がまだいた。
これはキャンパス中の野良犬の数量から知られた。
4年生が卒業した時それらの犬が野良犬になった。
特に恋の証としての犬は必ず捨てられると、先生は言った。
それに、これらの野良犬の未来はどうなるかを先生に聞かれた。
他の学生が食べ物をやるのを見たとか、あるクラスメートが言った。
先生は笑った:「じゃあ冬休み、夏休みの時はどうする?」
「ああ、そうだね。」
「最近、野良犬が減ったのを気がついたの?それは人に学校の後ろの山に連れて殺したんだから。」
「嘘!なんで?」私たちは驚いた。
「危ないから。もし学生が噛まれたらひどい事件になるわよ。だから学校でペットを飼わないでほしい。」
私はそう思う。
ペットを飼った以上、ちゃんと面倒をすべきだ。
もし責任を果たせないなら、一切ペットを飼わない方がいい。
自分も猫が大好きだが、猫の世話をよくするのが保証できないからずっと猫を飼わない。
今までもSNSの上で猫の写真を見て自分を満足させるのだ。
(全部言い訳だ!お前がlazyからだ。)
往事
大学时候的事情了。
虽然明令禁止宿舍不许养宠物,还是有人养。
这从校园里流浪狗的数量就能知道。
四年级学生毕业时就是这些狗成为流浪狗的时刻。
特别是那些作为恋爱信物的狗狗,决对会被遗弃,我们老师说。
然后老师又问我们,这些流浪狗的未来会是怎样。
我看到有学生给它们喂食,有同学说。
老师笑了:“那么寒假,暑假的时候怎么办?”
“啊,是呀…”
“而且,你们注意到没有?最近流浪狗的数量减少了。因为被人带到学校后山杀了。”
“哎?骗人吧?为什么?”我们很吃惊。
“因为很危险。如果有学生被咬了会酿成大祸。所以还是希望你们不要在学校养宠物。”
我是这样想的。
既然养了宠物,那么就应该好好照顾它。
如果不能履行责任,还不如干脆不要养。
就比如我,我非常非常喜欢猫,但是我无法保证我能好好照顾它,所以一直没有养猫。
直到现在我都是靠着社交媒体上的猫活下去的…
(借口!都是借口!你就是懒!(;`O´)o)