A Dream Figure Skating School ②

  •  
  • 271
  • 5
  • 2
  • English 
Aug 23, 2017 19:43
A Dream Figure Skating School ②

Let me introduce Yuzuru Hanyu’s most impressive message for me in his skating class.
“Does anybody love skating? Raise your hands. Does anybody hate fall down? Raise your hands. Does anybody like falling down? Raise your hands. You may fall down many times. So far, I’ve fallen down so many times. Let’s fail many times. Let’s not only just fail, but think why you fail and improve the way not to fail again. So you will definitely do it!”

He taught them that they needed to fall down to make progress.
It doesn’t uncool. It’s very important. To fail includes so many hints.
His message seemed to have that kind of meanings.
I feel that his message is very important for language learners like us.

Some kids, who attended the skating school, will proceed on their way to except figure skating. In the future, they will remember Hanyu saying to them, and may challenge something or overcome something.
Mr. Hanyu presented seeds of courage, seeds of hope and seeds of joyful to them.
I’m looking forward to what flowers will bloom in the future.
夢のスケート教室②

羽生結弦先生のスケート教室の中で、私の胸に一番響いたメッセージがあります。
「スケートが好きな子、手を上げて。転ぶのが嫌いな子、手を上げて。転ぶのが好きな子、手を上げて。いっぱい転んでOKです。僕もたくさん転んでいます。たくさん失敗しよう。ただ失敗するだけじゃなく、どうして失敗しちゃったのかなって、失敗しないよう工夫を考えよう。そうしたら、絶対うまくなれます」

彼は転ぶことが上達には必要なことを子供達に伝えていました。
それはかっこ悪くないんだよ。とっても大事なことなんだよ。
上手くなるヒントがつまっているんだよ。そんな意味が込められているかのようでした。
これは言語学習をしている私達にとっても、すごく大切なメッセージのように感じます。

今回スケート教室に参加した子供達は、スケート以外の道に進む子もいるかと思います。
それでも、その子たちの今後の人生において、ふと羽生先生の言葉が思い出されて、何かにチャレンジしたり、乗り越える時がくるかもしれません。
羽生先生はたくさんの勇気の種、希望の種、楽しさの種を子供達にプレゼントしていました。
どんな花がいつ咲くのか、とても楽しみです。

http://number.bunshun.jp/articles/-/828703
Learn English, Spanish, and other languages for free with the HiNative app