3.11②~And from now~

  •  
  • 240
  • 2
  • 1
  • English 
Mar 11, 2016 10:21
3.11②~And from now~

This is continued from “3.11①~The Fifth Year Memories~.”
http://lang-8.com/1142481/journals/138332302892942415922020840851945672400

The light of my life, Yuzuru Hanyu, said while remembering his painful memories, “When I visited affected areas and listened to earthquake victims, everyone certainly said to me, “I feel better,” and “I can feel positive.”
I’m the happiest, because I skate for myself, and people who watch my figure skating will feel something and will get energetic.
I will value my daily practice and will treat my daily life for training as a treasure.
I think, as a result, the action of pilling up such a day will serve earthquake-stricken areas and victims.
I will have a change of heart again and do my best from now on.
I strongly believe that we are live, so we have to live out our life, and live keeping our head high for victims and people who are in a tough situation.”

After the earthquake, he was skating in other areas while concerning his hometown, Sendai.
There’re times when he got bewildered to be linked with the earthquake.
Even when he seized glory, he felt helpless.
He has felt that he made a lot of people smile, gave them opportunity to think something, encourage them to walk on and shared his happiness with them.
Various feelings and experiences have made him.

Yuzuru, I’m really grateful that you told me your feelings.
I will treasure myself too.
And I will cherish the present.

These pleasant days will lead us to a brilliant future.
3.11②~そしてこれから~

「3.11①~5年目の記憶~」からの続き
http://lang-8.com/1142481/journals/138332302892942415922020840851945672400

最愛の羽生結弦選手は、震災当時の記憶と向き合いながら言いました。
「直接被災地に足を運んだりとか、被災した方々の声を聞けたりとか、
そこで絶対言われることは、どんな方であっても「力になったよ」って言葉と「前を向けるよ」って言葉と。
自分のためにスケートして、それを見て皆さんが何を思ってくれるとか元気になってくれるとか、これほど幸せなものってないなって思います。
毎日の練習を大切にして、その練習のために毎日の生活を大事にして、
ひとつひとつやっていったら、僕はそれが結果として
被災地の、または被災した方々のためになれると思ってるので。
また心入れ替えて一生懸命がんばんなきゃなって思っています。
僕たちは生きている人間だからこそ、命を全うして、その亡くなった方々、またはもっと今つらい思いをしている方々に対して、胸を張って生きれるような生き方しなきゃいけないなって、強く思っています。」

故郷仙台を離れ後ろ髪を引かれながら、スケートをする日々。
震災と自分が結びつくことにとまどうこともありました。
栄光を手にしても、無力感にさいなまれた時もありました。
それでも多くの人の笑顔を引き出せたこと、考えるきっかけを作れたこと、歩き出す勇気を与えたこと、幸せを分かち合えたこと。
いろんな想い、経験が今の彼を創っています。

結弦くん、話してくれて本当にありがとう。
自分を大切にするよ。
そして今を大切にするよ。

この一瞬の積み重ね、今日という一日が未来を創っている。



【参考】
「教科書で学べない災害」日本テレビ
「news every」2016年3月7日放送 日本テレビ