The Secret Garden.

  •  
  • 323
  • 3
  • 1
  • English 
Jun 27, 2016 14:03
The Secret Garden. ❁*̩̩̥˚̩͙⚛*̩̩̥ ͙*̩̩̥˚❁

Do you have your favorite place?
For example, a café to drink a cup of delicious tea, a peaceful park to read a book, my room and so on.
They are my favorite places to be myself.
In addition to above, lang-8 is also one of my precious places.

Actually, my friends except lang-8 have never read my entries on this site.
When I let them know here, I hesitate to do so.
“You can show your true colours on lang-8 because you don’t know each other.”
This is my friend’s words.

Am I ashamed to be seen my mistakes of English?
It’s OK because we can make a lot of mistakes here.
I think mistakes are very important step for us to improve our language learning.

Am I bashful to be read my message for my beloved person like a love letter?
I think so a little bit.
However, to love someone is a more beautiful thing to enrich our life than that.

Is there anyone who can write excellent writings?
I sometime mind about them superficially, but I don’t compare with others basically.
I believe that we have our own beauty, so our works have original twinkles in the same way.

Here is the treasured place for me to love my beloved person, to write down my words for him and to confirm my feelings.
So, I guess the introduction of my page on lang-8 to other people might mean to give them the key to the Secret Garden.

I would like to keep this page secret yet.
This is near my real feeling.
If the light of my life want me to open mind, I have to change my mind.
I wonder I am able to continue writing freely after I give the key to someone?
秘密の花園❁*̩̩̥˚̩͙⚛*̩̩̥ ͙*̩̩̥˚❁

皆さんはお気に入りの場所はありますか?
美味しいお茶が飲めるカフェ、読書ができる静かな公園、自分の部屋。
これらは素の自分に戻れる場所です。
それらに加えて、Lang-8も私にとってはお気に入りの場所のひとつです。

ただLang-8以外の友人達はここでの私の文章を読んだことがありません。
紹介しようとすると、とまどうのです。
会ったことがないから本音を書けることもある、これはLang-8のフレンドの言葉です。

英語のミスを見られるのが恥ずかしいから?
ここは間違いが許される場所ですので、あまり気にしていません。語学学習においてミスは大切なステップです。

彼へのラブレターのようなメッセージを読まれるのが照れる?
これは少しあるかな。
でもそれ以上に好きな人がいることは、人生を彩る素敵なことです。

他に良い文章を書く人がいるから?
表面的には気にする態度をとることはありますが、基本的に私は自分と人を比べません。
人は皆、それぞれに美しいと思うのです。文章もまたしかりです。

ここは彼のことを想い、生まれた言葉を綴り、確認していく場所です。
だから、わたしを知っている誰かにこのページのことを言うのは、なんとなく秘密の花園への鍵を渡すことのように感じるのです。

まだ秘密にしておきたい。これが一番近い答えかもしれません。
ただ最愛の人が心を開いておくことを望むようであれば、どうしたものか考えなくてはいけません。
果たして、鍵を渡した後も、わたしらしく綴ることができるのでしょうか・・・?