Toward an ultimate expression.

  •  
  • 296
  • 14
  • 2
  • English 
Jul 9, 2017 20:19
Toward an ultimate expression.

Previous season, the most impressive program is Yuzuru Hanyu’s “Hope and Legacy” for me.
That is why I can feel its tracks, which he has elaborated it one by one, from this program.

Flowers are beautiful as they are.
A Rainbow makes us stop and look it up.
We listen to songs of birds naturally.

Although I didn’t know that skaters could express “beauty of the existence” for a lively figure skating, his Hope and Legacy presented one answer.

We were able to see that dynamic beauty and static beauty existed in one person at the same time with our own eyes.

“Beauty of his existence” presented certainly.

The more he elaborated the work and it was finished, the stronger natural beauty had a presence in proportion to it.

Although it looked like directly opposed characters, they boosted each other up.

We can say that it is one of ultimate expressions.

In addition, he linked music and audience by being in a midway stage between nature and human in this work.
We saw sprouting plants, life which beats in unison and the moment which we were in the transmigration of souls with our own eyes.

This program made his expression leap forward and became the work which was impressed on our memory forever.
究極の表現へ

先シーズン 私にとって一番印象に残った演技は羽生結弦選手の”Hope & Legacy"です。

それは彼が一つ一つ創りこんでいった軌跡が作品から感じられるからです。

花はそこにあるだけで美しく
虹は人の歩みを止め、見上げさせます。
鳥の鳴き声には自然と耳を傾けるでしょう

ただそこにあるだけの美しさというものが、躍動的なフィギュアスケートで表現できるのか、私にはわかりませんでしたが、彼の"Hope & Legacy"は一つの答えを提示してくれました。

動的な美と静的な美が、同時に一人の人間の中に存在することができる瞬間を目の当たりにしました。

「存在の美」というものが確かにそこにありました。

作品を創りこみ、仕上がっていけば行くほど、比例するかのようにあるがままの美しさは存在感を強めました。

相反する性質のようなのに、それは互いを高め合うのでした。

究極の表現方法の一つと言えるでしょう。

またこの作品の中で、彼は自然と人間の中間に位置することにより、音と私達をつなぐ仲人を果たしていました。芽吹く命、共生し影響し合う生命、輪廻の中に存在している瞬間を目の当たりにしました。

彼の表現を大いに飛躍させ、また長く記憶に残る作品となったのです。