日本では平安前期に中国文学が盛んであった。

  •  
  • 109
  • 0
  • 1
  • Japanese 
Apr 5, 2016 16:06
日本では平安前期に中国文学が盛んであった。日本文学は「国風黒的時代」と呼ばれていた。日本のそのときの文学としては中国の影響がかなり与えられていた 。日本の男たちだけが漢字がよく読めたり、書いたりしていた。それで、当時は漢字は男手として認められていた 。そして、貴族の男たちも、宮廷に漢字だけを使って、公式的な記録などをしていた。一方、仮名が発達され、女性たちがそれを簡単に受け入れた。その時代を 仮名文学としても知られている。