ほらはなし

  •  
  • 200
  • 1
  • 3
  • Japanese 
Aug 21, 2017 23:07
子供の時からおじいさんから様々な話を聞きましたが、その話の事実か全然知りませんでした。主に、おじいさんの不思議な話の設定は日本で、日本は妄想な場所だと思った私はその話はアメリカのほり話より興味をそそりました。
おそらく、おじいさんの話はほら話でしたかもしれません。しかし、ほら話を聞くと、おじいさんのことを覚えないではいられません。
本日、二つのおじいさんの短い話を述べたいです。
まず、奇妙ないしです。
昔昔、岩国にあるおじさんはしばかりのために、山中に乗り出しました。歩きながら、少し前に割と美しく日差しに輝いているように石を目にしtました。気に入れたおじさんは近づいて、その不思議な石は思ったより大きいです。集まった木を抜いて、おじさんは背中にとって、家に帰りました。山中から降りたときに、奇妙な石から波のような音を聞こえましたが、おじさんは変だと面わながった。ただの石の価値を考え込んで、地味な家に引いた。
「お、おかあさん、ただいま」
しかし、おばさんは微妙な石を持っているおじさんを見る瞬間、すっごく困りました。
「木はどこ?なぜこの石を持って来たの?」
そして、おじさんとおばさんは喧嘩をしはじめまして、途中におじさんは石を落としました。大きな「どん」で半分にしました。急に、おじさんとおばさんは黙って、したを見ました。石の中に大きな金魚が出ました。
その話の意味は何でしょう。おじいさんは意味を全然言いませんでした。
次は事実な話です。せいこう・ハナシロの第二次世界大戦時の抑留された収容施設です。今まで話を語ったおじいさんはうちのははのお父さんです。たまに、おじさんはうちの父のおとうさん、せいこうという人物、についてしゃべります。第二次世界大戦時にせいこうはジェローム戦争移住センターに抑留されました。時間がたくさんありまして、せいこうは趣味としておぶつだんを作りました。木を集まりために、たまに、センターを出ることがありました。しかし、ある日、一日にジェローム戦争移住センターからアマチ収容所まで歩きました。しかしジェロームからアマチまでは1308.4キロメートルです。どうやって、できましたか、でれもしりません。そして、意味もまったく理解できません。それなのに、深い意味がありそうに目が輝いたおじさんはその話を語りました。