日本の携帯電話文化についてプレゼンテーションのスクリプト(序説)

  •  
  • 1910
  • 0
  • 6
  • Japanese 
Sep 6, 2010 19:58
Hello everyone. Today I’m going to do a presentation about mobile phone culture in Japan. Mobile phones; convenient, but an annoyance to others.
皆さん今日は。今から、日本の携帯電話文化についてプレゼンテーションをします。どうぞよろしくお願いします。携帯電話、便利なはんめんはた迷惑。

In every day society, a mobile phone is a very commonplace item.
日々の生活において、携帯電話は日常的な物になっています。

I’m sure that most of you own one, and also used one to support your daily life while studying in Japan.
ほとんど人が持っていると思います。日本で留学生する時に、携帯は日常生活を保ったかもしれません。

Some people report that they would feel troubled or unsafe without one.
時々、人は、持ってない時に気づかっているそうだ。

Mobile phones were first introduced to Japan in 1979. Mobile internet was introduced in 1999.
携帯電話は1979年、日本において世界で初めて実用化されました。1999年にモバイルインターネットが開始。

Now, Shibuya is the site of the highest mobile phone density in the world.
今、渋谷交差点は世界で一番携帯電話の使用が密集する所です。

'Nagara' Mobilism
ながらモビリズム

The term ‘nagara mobilism’ was coined by Kenichi Fujimoto.
「ながらモビリズム」は藤本 健一に造語新語を造られました。

Nagara means doing two things at the same time. For example, listening to the radio whilst studying.
「ながら」の意味は、二つの動作・状態が並行して行われる意を表す。たとえば、「ラジオを聞きながら勉強する」です。

Japan is a country that loves convenience and so now everyone can now carry the, what has become essential, internet around with them, whilst fulfilling their other daily needs and tasks.
日本人はコンビニエンスが好きです。最近、日常生活をするながら、不可欠に成ったインタネットを持って行けます。